スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13話をこーしん

お待たせしました。今回は戦闘による様々なことについて書きました。

そして、中隊がついに。積み重ねた功績もあり、ようやく陽の目を浴びたという所でしょうか。

あとは、無力を知らされた少年と、悲しみを知った少女にも注目を。

部隊としては英雄に。
タイトルのヒロイック・ワンのワンはお好きな言葉を入れた後に妄想して下さい。
文字とおりの“一番目”、つまりは最初という意味もありますが。



以下は、拍手返信です。

> 今回も非常に面白かったです。はたしてマハディオは立ち直れるのか、クラッカー中隊はこれからどうなるのか、楽しみにしています。しかしF-15Jかぁ。サーシャと武がそのうち副座に乗り込むのかな、とか考えてたので少し予想外でした。だってあれ帝国軍機だし、国連に回ってくるとは夢にも。アルシンハさんの考えはやはり、中隊に適度な損害を出して使いつぶされる確定の配置から引き戻し、人員と装備を充実させて切り札として運用するのかなと思ってたら少し違うようで。ソ連の動きも気になるし先が予想できません。

裏取引は多々にありました。あと、日本側もこれからの展開を考えることができる人材がいるということでひとつ。

>散っていった英霊に敬礼。守れたもの、失ったもの、届いた手、間に合わなかった時、戦場は次のステージへ。今回のはなんとなく不知火Ⅱ型の時を思い出させるので、ソ連が絡んでるのかな?と思ったり。砂鉄が玉鋼になりBETAを切り裂く刃となるのはいつの日か

はい、勇敢な戦士に敬礼を。この話はマブラヴ・オルタネイティヴに繋がるまでに積み重ねられた犠牲、
前線を支えた戦士達を書くというのも、主軸の一つに組み込まれています。
あとは、成長物語ですね。まだまだ一流の大業物には程遠いですが。

>ここ最近で一番面白いマブラヴSSだと思います! 今後も期待してます!

ありがとうございます。その声があれば、一年は戦えます。
SSを書くのに必要な材料で、最も大きいのがモチベーションだと思いますので、感想はほんとありがたい。
心に染みます。

>絶望感とそれに抗う感じがめっちゃ良いです

ありがとうございます。伝えたい部分を伝えられているようで、安堵の息を出さざるをえないっす。
創作物はスポーツのように勝ち負けがあるものではないので、書いたことによる手応えは感じられないんですよね。感想などがありますと、そういった手応えを感じることはできます。
何が言いたいかというと、ありがとうございます。あれ、冒頭に戻った。

> クロニクルズは02が気になる終わり方したのに諸事情で03ができないのが辛い……

03は面白かったですよ。アフターも再誕も。再誕は腹抱えて笑いました。
あのFFっぽい絵がすげーよかった。鼻血とか出してましたし。

その他、誤字指摘が多数。本当にありがとうございました。
こちらはすぐに修正させて頂きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku009

Author:gaku009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。