スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズ・オブ・エクシリアェ………。

エクシリアは犠牲になったのだ………。
複数のスタッフでプロット持ち寄ってシナリオ作成するという、愚策の犠牲にな………。


↓ネタバレ注意!



ていうかバンナムさんよぅ、ちゃんとプロのシナリオライター使えよぅ。
記念作なのに何やってんだよう。その行動に踏み切った理由を知りたい。記念作ですよ、記念作?
「複数のスタッフで持ち寄り~あまり見られない方法ですね」って話を聞いたけど、それで作ったらフツーに地雷な仕上がりになるから採用されないんだよう。王道について語る四次元殺法コンビのAA思い出した。

まず、シナリオは糞。演出もクソ。一場面の構成もできていない。
例で言えば空飛ぶ船でジルニトラに攻め込むシーン。あれ、号令の後のクルスニクの槍の起動シーンは要らなかった。入れてはいけなかった。入れるとしても到着した直後とか。
起承転結の、起の直後に転の部分が入って、“さあここから行こうか!”っていう勢いがぶった切られとる。
なので、いまいち勢いに乗れない。物語に入り込めない。だからしらける。
イベントシーンが終わった後、“あ、もう行くんすか?”って感じになる。
シナリオ全体がそんな感じ。転のタイミングがおかしい。

あとは転の部分を多用しすぎだったと思われ。プレイヤーの意表をついてるつもりだろうけど、多用しすぎると疲れる。見るのもだれてくる。使うにもタイミングがあると思うし。
あと、致命的なのがひとつ。複数のスタッフがあれこれというのが原因か、中盤からキャラに一貫性がなくなっていた。
特に主人公が酷い。アルヴィンはまあ………………あるかな。裏切れないという理由も感情も分かるし、行動理念もその根本の弱さも分かる。環境が環境だったろうし。

けど、ジュードだけは無い。声優がどうとか、それ以前に無い。ありえん。
だから魅力が無い。何やりたいのかさっぱり分からん。ミラミラ言い過ぎ。
男主人公でヒロイン依存とか、根本が間違っとる。誰もそんな冒険しとうないわい。
あとは“大人”っていう言葉を連発しすぎ。ここで使うの、ってところで出てくる。
別に変に大人がどーとか、そういう理屈なんざいらんのよ。
RPGなのよ。何を思って行動するか、その理念さえはっきりしてくれれば大人かどうかなんてどーでもいい。

ミラは………なんというか、キャラとしての魅力が無い。
隙がないから人間味もない、つまりは可愛げもない。

精霊だからOKって? うん、なら最初からパーティに入れるなよ。

こういう冒険もののシナリオの基本部分が分かってないと思う。
冒険が前提のパーティで、完璧かつブレないキャラをその主要人物枠に入れるなと。
最初から最後まで調子が変わらんかったせいか、終盤はミラが喋ってるのを見るだけで嫌になった。
飽きたというか。それに感情じたいがあまり動かんから、なんか人形が喋ってるように見えるのよね。
人形劇というか。プレイヤーが蚊帳の外になっている。

つーか主要人物が“動かない”ような構成を採用するなと。どん判金ドブ。

もっとミラというキャラクターを活かせることはできたはず。マクスウェルの化身という設定を活かせることはできただろうに。
序盤の喪失から再起、そこから想いや感情、ものの見方や自分の意識についてを彼女の中で変えていく。
心の変質、または成長や変化を入れ込む機会は十分にあった。無いとはまさか言わせない。
それなのになんで入れない。序盤の手配書のサブイベントであった“見た目は隙をさそうために~”とか、変な俗っぽさを持たせただけ。勘違いした俗っぽさを持たせて、変なキャラにしただけだ。
設定から成るキャラの魅力が、全方位から打ち潰されている。
それなのに、周りはミラ様万歳だ。それが何よりも苦痛だった。

つーかキャラ描写に関しても、途中で諦めて投げてしまったとしか思えない出来だった。

そういう点で見れば、その他マップ・ダンジョン・サブイベントの作り込みにも、手抜きがあったように見えてならない。
あっちの世界に行ってから、余計にそう思えた。
エレンピオスに関しても、もっと設定を練り込めただろう。ジュードの父親はエレンピオス人だし、それに関してひとつふたつ盛り込めたはず。その設定を活かさず流すとか投げやり感が丸見え。向こうのボスも出てこないし。
なにもかもが中途半端。『もういいから出しちまおうぜ』的なやり取りがあったはず。

マップにしても一言ある。2つの世界があるなら、その設定を活かすべき。
世界観を行き来するとか、2つの世界を強調する部分があって当たり前なのに。エターニアという前例があるのに、どうしてこうなったんだよマジで。

まあワールドマップも無いせいで、冒険している感じがしないんですけどね。
そのせいか、世界観が狭くなっている。

戦闘システムだけはまあまあ良かった。
成長システムに関しては、ちょっとめんどい。終盤はあのリリアルオーブにだれてくる。
けど、戦闘そのものの出来は良かったと思う。なんか中盤~後半はずっとボス戦してたような気がするけど。あとは料理システムが残念。材料から作らんとできたものを買うのが全部って………。

なんかもうアラがいっぱいでした。

作成したのは新しいチームだそうだけど、それでも納得がいかない。記念作だから余計に腹が立つ。
エクシリアのタイトルを見返して欲しい。zillionを越えるxllion?
ドヤ顔で何いってんだテメーは、ってのが率直な感想でした。



ビジュアルが綺麗なのは良い。だけど中身が無いのであれば、それは綺麗な絵を眺めているに等しい。

美麗だとしても、絵を数十時間も見るのは退屈だ。それが新しい技術で作られた、異世界であっても。

ゲームというもの。そしてRPGというものが持つ、面白さと魅力を見つめ直して欲しいと、そう思えた作品でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku009

Author:gaku009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。