スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら、NZの地震って本当に大きかったんですね

今更ながらに思い知りました。マグニチュードでは表せない、その強さ。
地震加速度がなんと940gal。数値見てなんだそれは、って思いましたよ。
それだけ瞬間的な揺れが大きかったんでしょうけど、940galって。阪神大震災並らしいですけど。

ていうか建築の基礎設計で液状化判定の設計を行う時に使う地震加速度って、そんなに無かったような…………。
そんな地震が起きたら、建物だって破壊されても無理ない。それなりに硬い地面でも液状化が起きそう。液状化も発生しているみたいですしね。

でも地震って本当に怖い。設計って基本的に長期(常時)と、短期では暴風時(例えば台風が起きた時)と地震時なんですが、地震は特に想像がつかない応力です。暴風時は過去最大と言われる室戸台風を基準にして設計されてますし、受風面積に対しての応力を計算するだけですから、家のような建築物だと分かりやすい応力が発生する。
でも、地震はそうじゃない。建築物自体と、基礎で言えば土自体が揺れて、その時に発生する様々な応力を考える必要がありますから。
地震時に発生する慣性力は単純に言えば自重×加速度。今回は特にその加速度が凄いということで。

テレビで見ましたけど、壁から吹き飛ぶってのもすごい異様な光景でした。
あれは中心の部材だけが強くて、その周りの部材が弱くて発生したねじり――――いわゆる中心が固定、周囲が回転する“螺旋”のような応力が発生したせいとか。
長期ならばまだしも、非常時の応力では一部分(例えば大黒柱)だけ強くても駄目なんですよね………。

自然の怖さと奥深さを思い知りました。地震の原理を知らなかった過去の人達には、大地の怒りと感じられたんでしょう。自分が経験したのは阪神大震災の震度4程度でしたが、それでもあの時の怖さは、胸の奥というか魂というか、芯を揺るがすものがありましたから。

亡くなられた現地の方々、ご冥福をお祈りします。
いきなり揺れて、建物が壊れて、暗闇の中に閉じ込められて………考えただけでも怖いです。
実際に体験した人達は、その南十倍も怖かったでしょう。

ご冥福をお祈りします。そして、より多くの人が助けられますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku009

Author:gaku009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。