スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DA-200がヤヴァイ

USB-DAC(USBにケーブル繋いで音出力、コンポやアンプに繋げるように途中で変換する機器、みたいなもの)を、ラトックシステム/RAL-2496UT1 ⇒ ラックスマン/DA-200に変えました。

昼過ぎに届いて、いそいそと設置。ワクワク感満載で聞きました。

初感想は――――艶ァァァァァアッ!!!? って感じ。みたいな。

元から艶ある系のジャズ曲はあんまり変わらんかったけど、他がヤヴァい。
音の深みが一段と増した感じ。特にスピーカーのせいか、クラシックの弦楽器の音鳴りが凄まじすぎる。
これが本当のタンノイオートグラフミニかっ! て叫んだ。アンプを真空管使ってるお陰か、音量を上げても苦にならない。柔らかさを保ったまま音量が上げられるとは、コンポを使ってた時代からは考えられない。

他の系統の曲も一段と深みをました。懐が深くなったというのか、RAL-2496UT1の時は若干浅かった音鳴りがワンランク確実にアップ。女性ボーカルの高音の人が一部もつ、訴えかけるような声が更に胸を撃つ。
あと、ニコニコやyoutubeの動画で聞く曲の音質だが、それが予想外。
foobar2000で聞く時の音質上昇より、更に上。著しくと言っていい程に上がった。
WASAPIじゃない筈なのに。foobar2000のApple Losslessの曲と、そう変わらない音質で聞けるとはどういうことか。勘違い? いや、確かに上がってる。

ヘッドフォンアンプはHD-650のプラグと合わないので変換プラグを買ってくる必要があるので、また明日。
噂ではラックスマン P-200に近い音質を誇るとのこと。明日買ってきて聞くつもりだが、楽しみだ。

しかし生演奏でない音楽というのは媒介となる機器次第でいくらでもその顔を変えるものだと、改めて思い知った。今まで聞いた曲でも、また違った感じに聞こえるんだろうな。

そしてさあ、準備は万端。
背後に設置したオートグラフミニと真空管アンプに見守られながら、いそいそと小説を書きましょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>あと、ニコニコやyoutubeの動画で聞く曲の音質だが、それが予想外。

Winampだと、ASIO出力やWASAPI出力で動画を再生出来るのでもっとすごいことになりそうですねw
プロフィール

gaku009

Author:gaku009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。