スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっせと執筆活動中。

デリシャスな音楽を背中に流し、サクサクと文章作成中。
寝不足のせいでいまいちはかどらんが、音楽の力で何とか進めてる。メンマの後日談は明日ぐらいには上げられるか。

でもマブラヴの方がまとまらない。展開も大体は浮かんだ。
そして核となるテーマはあるんだけど、周囲の単語というか要素がうまくくっつかずに空中分解してる感覚。
このままじゃ絶対にグダグダになる。冗長な文章になる。絶対あに空中で飛散してしまう。
いかん、何とかせねば。

とはいっても眠たいっす。熟睡できてないのがまずい。ほぼ100%と言っていいほどに夢見るしなあ。
しかも濃いやつ。6時間寝ても寝た気がしない。新しい布団でも買うかあ………。
スポンサーサイト

今更ながら、NZの地震って本当に大きかったんですね

今更ながらに思い知りました。マグニチュードでは表せない、その強さ。
地震加速度がなんと940gal。数値見てなんだそれは、って思いましたよ。
それだけ瞬間的な揺れが大きかったんでしょうけど、940galって。阪神大震災並らしいですけど。

ていうか建築の基礎設計で液状化判定の設計を行う時に使う地震加速度って、そんなに無かったような…………。
そんな地震が起きたら、建物だって破壊されても無理ない。それなりに硬い地面でも液状化が起きそう。液状化も発生しているみたいですしね。

でも地震って本当に怖い。設計って基本的に長期(常時)と、短期では暴風時(例えば台風が起きた時)と地震時なんですが、地震は特に想像がつかない応力です。暴風時は過去最大と言われる室戸台風を基準にして設計されてますし、受風面積に対しての応力を計算するだけですから、家のような建築物だと分かりやすい応力が発生する。
でも、地震はそうじゃない。建築物自体と、基礎で言えば土自体が揺れて、その時に発生する様々な応力を考える必要がありますから。
地震時に発生する慣性力は単純に言えば自重×加速度。今回は特にその加速度が凄いということで。

テレビで見ましたけど、壁から吹き飛ぶってのもすごい異様な光景でした。
あれは中心の部材だけが強くて、その周りの部材が弱くて発生したねじり――――いわゆる中心が固定、周囲が回転する“螺旋”のような応力が発生したせいとか。
長期ならばまだしも、非常時の応力では一部分(例えば大黒柱)だけ強くても駄目なんですよね………。

自然の怖さと奥深さを思い知りました。地震の原理を知らなかった過去の人達には、大地の怒りと感じられたんでしょう。自分が経験したのは阪神大震災の震度4程度でしたが、それでもあの時の怖さは、胸の奥というか魂というか、芯を揺るがすものがありましたから。

亡くなられた現地の方々、ご冥福をお祈りします。
いきなり揺れて、建物が壊れて、暗闇の中に閉じ込められて………考えただけでも怖いです。
実際に体験した人達は、その南十倍も怖かったでしょう。

ご冥福をお祈りします。そして、より多くの人が助けられますように。

DA-200がヤヴァイ

USB-DAC(USBにケーブル繋いで音出力、コンポやアンプに繋げるように途中で変換する機器、みたいなもの)を、ラトックシステム/RAL-2496UT1 ⇒ ラックスマン/DA-200に変えました。

昼過ぎに届いて、いそいそと設置。ワクワク感満載で聞きました。

初感想は――――艶ァァァァァアッ!!!? って感じ。みたいな。

元から艶ある系のジャズ曲はあんまり変わらんかったけど、他がヤヴァい。
音の深みが一段と増した感じ。特にスピーカーのせいか、クラシックの弦楽器の音鳴りが凄まじすぎる。
これが本当のタンノイオートグラフミニかっ! て叫んだ。アンプを真空管使ってるお陰か、音量を上げても苦にならない。柔らかさを保ったまま音量が上げられるとは、コンポを使ってた時代からは考えられない。

他の系統の曲も一段と深みをました。懐が深くなったというのか、RAL-2496UT1の時は若干浅かった音鳴りがワンランク確実にアップ。女性ボーカルの高音の人が一部もつ、訴えかけるような声が更に胸を撃つ。
あと、ニコニコやyoutubeの動画で聞く曲の音質だが、それが予想外。
foobar2000で聞く時の音質上昇より、更に上。著しくと言っていい程に上がった。
WASAPIじゃない筈なのに。foobar2000のApple Losslessの曲と、そう変わらない音質で聞けるとはどういうことか。勘違い? いや、確かに上がってる。

ヘッドフォンアンプはHD-650のプラグと合わないので変換プラグを買ってくる必要があるので、また明日。
噂ではラックスマン P-200に近い音質を誇るとのこと。明日買ってきて聞くつもりだが、楽しみだ。

しかし生演奏でない音楽というのは媒介となる機器次第でいくらでもその顔を変えるものだと、改めて思い知った。今まで聞いた曲でも、また違った感じに聞こえるんだろうな。

そしてさあ、準備は万端。
背後に設置したオートグラフミニと真空管アンプに見守られながら、いそいそと小説を書きましょうか。

いい弾き手見つけた。

ニコニコで大和氏の『Rebirth the Edge』聞いてた。
タグの音以外汚いって誰うま。しかし音は正直すげすぎる。
リンク⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm9874660

ん、コメントに何か書いてある。
URL? で、検索したらYoutubeになんかある。変な顔の動画ってなんじゃそれは。
でもこれだけで終わる訳がないこの行動も何かの縁! 
と、それで右にあるリンクから色々飛んでみたら、みつけた。

大麻葉吸という人らしい。じっっくり聞いて………WAO。

ヤバい。上手いし、旨いし、美味い。ロックだー!。ふはは、これぞ音楽!
ギターもベースも音とリズムが気持ちいい。流れですごい引き込まれる。何か、凄いツボった。

特にオリジナル曲の『葉見ず花見ず』が素晴らしすぎる。
似たようなフレーズが続くけど陳腐でない。全てが同じフレーズじゃないのか。
音自体がすげーのもあるけど、最後まで飽きさせない何かがある。
リンク⇒http://www.youtube.com/watch?v=oR2epaG9j3Y

曲聞いてて水飲むのも忘れて気づけば終わってたって、Led Zeppelinの『アキレス最後の戦い』以来かも。
早速ホームページに飛んでみたら……ブログ? 文章は、って特徴的すぐる。
でも嫌いじゃない。言ってる意味はアレだけど、アレだからアレだ。ごめん、分からんははは。

笑って誤魔化しながら色々と見て回ると、他にもCDを出しているとか。
折角なので買ってみた。DL販売もしているので、すぐに買うことができたっす。

明日はラックスマンのUSB-DACも届くことなので、大音量で堪能してみようか。PCオーディオってこういう時に便利。明日が楽しみだ。
何かが進む気がする。いい曲って、聞いてるうちに知らず頭の中がすっきりするのか、思っても見なかったアイデアが浮かぶことがあるしね。

ロック聞いて戦闘光景でも思い浮かべて見るか、もしくはバラードかジャズ聞いて、甘々な話でも考えてみるかー。

凹む………

仕事でちょっとミスをしてしまった。損害とかそういうことは全然ないけど、客先のイメージがちょっと減?
メチャクチャなこと言ってくる相手だからいいかなーとは思ってるけど、実際は全然よくないね。
なにより尊敬している上司の人にえらい怒られちまったよちくしょう。最近はあまり怒られなくなったのに。ちょっとあった自信が木っ端微塵。顔が熱い。情けないやら情けないやら。
今日も視野狭いとか言われるし。外れていないから、何も言い返せないんだけどね。

創作の方も、投稿を考えてるオリジナル小説のアイデア、なんか全然煮詰まらんと拡散して散ってしますし。
小池メンマの方も後日談の展開に詰まるし………。
マブラヴは根本的な展開があまり思い浮かばんし。

って、いかん。だんだんネガティブになっていく。
これは駄目だ。もっと頑張らねば。
と考えても何を頑張ればいいのやら。

取り敢えず音楽でも聞いて、歌ってみるか。うんそうしよう。
プロフィール

gaku009

Author:gaku009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。