スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DA-200がヤヴァイ

USB-DAC(USBにケーブル繋いで音出力、コンポやアンプに繋げるように途中で変換する機器、みたいなもの)を、ラトックシステム/RAL-2496UT1 ⇒ ラックスマン/DA-200に変えました。

昼過ぎに届いて、いそいそと設置。ワクワク感満載で聞きました。

初感想は――――艶ァァァァァアッ!!!? って感じ。みたいな。

元から艶ある系のジャズ曲はあんまり変わらんかったけど、他がヤヴァい。
音の深みが一段と増した感じ。特にスピーカーのせいか、クラシックの弦楽器の音鳴りが凄まじすぎる。
これが本当のタンノイオートグラフミニかっ! て叫んだ。アンプを真空管使ってるお陰か、音量を上げても苦にならない。柔らかさを保ったまま音量が上げられるとは、コンポを使ってた時代からは考えられない。

他の系統の曲も一段と深みをました。懐が深くなったというのか、RAL-2496UT1の時は若干浅かった音鳴りがワンランク確実にアップ。女性ボーカルの高音の人が一部もつ、訴えかけるような声が更に胸を撃つ。
あと、ニコニコやyoutubeの動画で聞く曲の音質だが、それが予想外。
foobar2000で聞く時の音質上昇より、更に上。著しくと言っていい程に上がった。
WASAPIじゃない筈なのに。foobar2000のApple Losslessの曲と、そう変わらない音質で聞けるとはどういうことか。勘違い? いや、確かに上がってる。

ヘッドフォンアンプはHD-650のプラグと合わないので変換プラグを買ってくる必要があるので、また明日。
噂ではラックスマン P-200に近い音質を誇るとのこと。明日買ってきて聞くつもりだが、楽しみだ。

しかし生演奏でない音楽というのは媒介となる機器次第でいくらでもその顔を変えるものだと、改めて思い知った。今まで聞いた曲でも、また違った感じに聞こえるんだろうな。

そしてさあ、準備は万端。
背後に設置したオートグラフミニと真空管アンプに見守られながら、いそいそと小説を書きましょうか。

スポンサーサイト

いい弾き手見つけた。

ニコニコで大和氏の『Rebirth the Edge』聞いてた。
タグの音以外汚いって誰うま。しかし音は正直すげすぎる。
リンク⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm9874660

ん、コメントに何か書いてある。
URL? で、検索したらYoutubeになんかある。変な顔の動画ってなんじゃそれは。
でもこれだけで終わる訳がないこの行動も何かの縁! 
と、それで右にあるリンクから色々飛んでみたら、みつけた。

大麻葉吸という人らしい。じっっくり聞いて………WAO。

ヤバい。上手いし、旨いし、美味い。ロックだー!。ふはは、これぞ音楽!
ギターもベースも音とリズムが気持ちいい。流れですごい引き込まれる。何か、凄いツボった。

特にオリジナル曲の『葉見ず花見ず』が素晴らしすぎる。
似たようなフレーズが続くけど陳腐でない。全てが同じフレーズじゃないのか。
音自体がすげーのもあるけど、最後まで飽きさせない何かがある。
リンク⇒http://www.youtube.com/watch?v=oR2epaG9j3Y

曲聞いてて水飲むのも忘れて気づけば終わってたって、Led Zeppelinの『アキレス最後の戦い』以来かも。
早速ホームページに飛んでみたら……ブログ? 文章は、って特徴的すぐる。
でも嫌いじゃない。言ってる意味はアレだけど、アレだからアレだ。ごめん、分からんははは。

笑って誤魔化しながら色々と見て回ると、他にもCDを出しているとか。
折角なので買ってみた。DL販売もしているので、すぐに買うことができたっす。

明日はラックスマンのUSB-DACも届くことなので、大音量で堪能してみようか。PCオーディオってこういう時に便利。明日が楽しみだ。
何かが進む気がする。いい曲って、聞いてるうちに知らず頭の中がすっきりするのか、思っても見なかったアイデアが浮かぶことがあるしね。

ロック聞いて戦闘光景でも思い浮かべて見るか、もしくはバラードかジャズ聞いて、甘々な話でも考えてみるかー。

底なし沼を発見。ずぶずぶと沈み中。


始まりは一体なんだったのか。

今となっては思い出すこともできず、思い出すことにもまた意味もないだろう………


―――という訳でPCオーディオにはまり中なう。
ネットで音質ソフトあれこれ調べてみたが、オーディオはほんま修羅の道やで。

時間取られるわ、上みたらキリがないわ。このせいで執筆時間が大幅に削られ中。

色々と揃えた楽曲などを良い音で聞きたいために走り出したこの道、まるで先が見えません。
取り敢えずDaliのMENTOR/MとラトックシステムのRAL2496-ut1を購入した。

有名なb&wのスピーカーを最初考えてたけど、どうにも面白みが無いので却下。
綺麗だけど聞いてて感動しないってこれいかに。音ってのあ凄い難しいものなんだ、と再確認しましたよ。

結局はジョーシンのおっちゃんに勧められるがままに上記スピーカーを購入しましたが………高い高い。
だいぶ負けてもらいましたが、それでも結構な出費です。てか二つで15万てなに。それでも良かったから勝ったけど。

でもスピーカー一つで曲の印象ががらりと変わるんよね。良い方に。
特にクラシックとかはそこらへんのスピーカーで聞いても、その良さは分からんと思いました。

良いスピーカーで聞くと、何故あれだけ大勢の人がその分野に携わっているのか、理解できます。
つまりは昔の欧州人ぱねえ。流石ルネッサンス。(←関係ねえ)

だけどいい音楽を聞けば自然と物語っつーかストーリーっつーか場面が浮かんでくるので、この購入が更なる文章の発展となる可能性が無きしにもあらず。

ショージ・ウィンストンって最高やしね。いつかはあれをBGMにしてもおかしくない、荘厳なファンタジーを書きたい。

あとはアンプだけど、これは次の機会に。流石にこれ以上の出費はちとまずいんで。

ってーことで一段落ついたけど、今度はプレイヤーをどうするか……。


プロフィール

gaku009

Author:gaku009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。